【Esquisse ou Croquis …?】ギャラリー「輪音」の始まり

Posted on 8月 29, 2007

io.jpg

  私がスタッフを務めるギャラリー「輪音」は、
  元はといえば、おでん屋、鉄板焼屋から派生した場所である。
  通りに面して赤い引違いガラス戸があり、開店時には、暖簾も
  掛けるから、えてして酔っ払いのおっちゃん達の”2軒目”と
  勘違いされてしまう。

  ガラス戸を開けると、長い2本のカウンターが目に飛び込んで
  くる。昔は、ここに人が鈴なりになって、パクついていたので
  ある。
  右手の奥に鉄板があり、天井に換気フードの痕跡が残るが、
  今は、パソコンが鎮座ましまして、後ろの食器棚はCDラック
  と化している。
  天井には格子桟が走っているので、1ブロック当たり1人の
  割合で展示スペースに…。
  現在は2ブロックが作品で埋まっている。
  一番面白そうなのが、さっきの換気フードの痕。
  アーチストの発想力・創造力・プレゼンテーション力が要求
  される。
  まだ、名乗りを上げる者は居ない。

  「輪音」運営メンバー13人の年齢構成をみると、
    ・40代:1人
    ・30代:2人
    ・20代:8人
    ・10代:2人
  と圧倒的に若い。
 
  新鮮な発想は、若いほど湧きやすいのはモノの道理。
  だから、
   「イベント企画・実施」
   「維持・管理」
  は若いメンバーにお任せ。
  ワタシにあって、みんなに無いのは「経験」。
  彼ら・彼女たちに、選択肢のいくつかを提示することは出来る。
  進むべき方向に、過去に経験者が居れば話を聞くことが出来る。
  ワタシは、見守る立場に居る…。
 
  ただ…。
  問題なのは、ギャラリーというよりは、”たまり場”の状態に
  あること。
  内装工事が未完成である。
  ”一見さん”がやって来ても、スタッフは、挨拶・案内すら
  まともに出来ない。
  HPすら完成していない。

  要するに…、
  外界の一般市民に公開出来るレベルには達していない。
  クラブの「部室感覚」である。
  なのに、何故フライヤも配るのか…。
 

   ”「輪音」に行けば何か面白いことやってる!”
   ”「輪音」に行けば、誰か面白い人が居る!”
  と人が集まってくるようなスペースになればいいな…。
  …またそこから、新しい動きが生まれてくる。 

→→→** Links for ** ・・・
  ■アトリエ「輪音」
     http://waon0317.com/

>>AUG/24/’07 (FRI);
>>Written by
>> “Kylin” on the Web ….

Filed Under 【Esquisse ou Croquis …?】 | Leave a Comment

Author: Kylin
Profile:”Kylin”=1959年 京都市生まれ。 ☆「一級建築士」  「インテリアコーディネーター」 ☆「旅行サイト”tokyobookmark”公認ブロガー」  他、現在、ブログを10サイト運営中。 ☆建築設計の傍ら、エッセイスト、歌人・書家”秀雅”としても活動。 ☆「とんぼりワッショイ! vol.5 (2008/05/03~05)」(大阪市)広報スタッフ 。 ☆「第7回からほりまちアート 2007」(大阪市)広報スタッフ。 ☆「野点~大阪・新世界~2007」(大阪市)サポートスタッフ。 ☆フリー百科事典「Whikipedia」執筆スタッフ ☆アート系情報サイト「関西アートビート」コメントメンバー
Data: 2007 年 8 月 29 日 at 6:58 PM

Leave a Comment

If you would like to make a comment, please fill out the form below.

Name (必須)

Email (必須)

ウェブサイト

コメント

Comments are closed.

DRAGON ART CREATOR’S REVIEW • Powered by WP • Management by Kouhei Muramatsu • Logo&Icon Kintaro Takahashi