【Esquisse ou Croquis …?】~茫洋とした「詩」の海へ~

Posted on 6月 30, 2007

 先日、ワタシが所属するアトリエ「輪音」のメンバーが中心で、
  『コトバノイベント Vol.2』
が開催された。
 文字通り、言葉に絡む表現のイベント。
 今年のテーマは
  「恋愛」
だった。
 
 大阪・ミナミの一角にある、ちょっと古いビルの地下で目立った
のは、いろいろなかたちのコラボレーション。

  ・写真 + 詩
  ・写真 + 書
  ・写真 + 詩+書
  ・動画 + 詩
  ・写真 + 動画
  ・詩 + 朗読
  ・詩 + 演劇
  ・詩 + 音楽
          etc.etc.

 一番、新鮮だったのは、
  「詩のライブ」
という形式。
 ステージに4人の詩人が車座に座り、Pod-Castの形式でWebラジオ
中継する。
  ・ソロ
  ・デュエット
  ・トリオ
 いろいろな朗読と掛合いのかたち。
 展示してある詩に、声色というライブ感が加わり立体化する。

 詩人といわれる人たちと話すと、時々、全然世界観が違う単語が
飛出してくる。
 例えば、
  「私はネコです…」
  「ん?」
  「名前が猫じゃないけど…、と思ってるんでしょ?」
  「あ、うん…」
これは会話になっているのか、いないのか?

 ワタシは、コラム・エッセイを書き、俳句・短歌を詠むけれど、
「詩」という世界には縁が無かった。
当日気が付いた。
 そんなワタシが「詩」の世界に踏み込もうとしている。
 ふとしたきっかけで、
  「詩を書いてみませんか~」
 優しい言葉でお誘いがかかった。
 最初は、
  ”いい機会だし、書いてみよう…”
と思った。
 でも、今になっては遅かりし、
  ”あれは、悪魔のささやき…”
と気がついた。

 とにかく、全然書けないのだ。
 いや、正確には書いたけれど、読んでみて思わずデータを消して
しまった。
なにしろ、自分の作った詩は、やたら甘ったるくてこっ恥ずかしい。
同じ内容を短歌で書いたら恥ずかしくないのに、何故だろう?

 原稿用紙に手書きもしてみた。
谷川俊太郎氏ではないが、手に「B」の鉛筆を握り、自分の部屋、
会社帰りの喫茶店、そして「輪音」にあるこのパソコンの前…。

 俯いて目を閉じ、何かが背中を叩くのを待つ。
でも、頭の中を聞いたことがある歌の歌詞が通り過ぎる。
 ”これは、失恋噛まされた時に涙ながらに聴いた曲”
 ”これは、病室で眠る時に子守唄代わりに聴いていた曲”
 ”あ、あのリフレインが好きだった…”

 結局、いくら脚色したところで、”過去の集大成としての自分”
から発せられる言葉でないと、説得力がない。
 つまるところ、”自分を晒す”のが怖いだけなのだ。
 このエッセイだって、実のところ自意識が働いている。
書いては消し、書き足しては前に書いた文を消し…。
自意識が文章を制御する。
 でも、口に出した言葉は、発してしまえば取り消せない。
 「詩」は、文章のかたちをした話し言葉なのかも知れない。
物理的には消せるけど…。

 さぁ、「詩」の海へ出航しよう。
 日本の内海にあるヨットハーバーで、太平洋の波の高さを心配
していても始まらない。
 今は、晴れていても、進路に低気圧はやってくる。

 せめて祈ろう。
「詩」の海のポセイドンに笑われないように…。

Filed Under 【Esquisse ou Croquis …?】 | Leave a Comment

Author: Kylin
Profile:”Kylin”=1959年 京都市生まれ。 ☆「一級建築士」  「インテリアコーディネーター」 ☆「旅行サイト”tokyobookmark”公認ブロガー」  他、現在、ブログを10サイト運営中。 ☆建築設計の傍ら、エッセイスト、歌人・書家”秀雅”としても活動。 ☆「とんぼりワッショイ! vol.5 (2008/05/03~05)」(大阪市)広報スタッフ 。 ☆「第7回からほりまちアート 2007」(大阪市)広報スタッフ。 ☆「野点~大阪・新世界~2007」(大阪市)サポートスタッフ。 ☆フリー百科事典「Whikipedia」執筆スタッフ ☆アート系情報サイト「関西アートビート」コメントメンバー
Data: 2007 年 6 月 30 日 at 10:05 AM

Leave a Comment

If you would like to make a comment, please fill out the form below.

Name (必須)

Email (必須)

ウェブサイト

コメント

Comments are closed.

DRAGON ART CREATOR’S REVIEW • Powered by WP • Management by Kouhei Muramatsu • Logo&Icon Kintaro Takahashi